HOME日向の薫り


第5回双風展が終了しました
双風展の最終日は朝から雨が。あぅ

出掛けに庭に目をやると、一面のシャラの落花!! 
アジサイの花が雨に打たれておりました。


最終日とあって、大勢のお客さんが詰め掛けて下さいました。


私の絵の前にも人だかりが!!にぱ




この大作が見られるのも今日が最後となり、寂しい限り。ぐす
次はいつになることやら・・・。


午後3時、素晴らしき仲間たちとの大展覧会が終了。
わずか一時間ほどで、広い会場は何事もなかったかのように空っぽに。


会期中お越し頂いたお客様の数は、3675人となりました。
この場を借りて心からお礼申し上げます。

解体した作品を家に運び終え、シャワーを浴びて汗を流したら、どっと疲れが!
それでも責任者として、大きな展覧会を無事終了できたという充実感で満たされました。

次は2年後・・・でもその前に次のビッグイベントである「ノン・ブラック展」が
7/6から県民文化センターで開催されます。

そんなわけで、明日は完全休養日として、次の準備に取りかかります。

| 展覧会 | | comments (4) | trackback (x) |
双風展の待機予定について
  ◆21日(月)は美術館の休館日なので「双風展」はお休みとなります。
    ご注意ください

  ◆26日(土)は午後(正午あたり?)から不在となります。

  ◆それ以外は毎日午前9:30~午後5:00まで会場で待機しておりますので
   受付担当にご確認ください。

  ◆土日は会場が混雑する恐れがありますのでご容赦ください。


◎皆様のお越しをお待ちしております。

| 展覧会 | | comments (0) | trackback (x) |
双風展を楽しもう!
梅雨真っ只中の「双風展」。お客様の入りはイマイチですが
空調の効いた展示室内は快適そのもので、じっとしていると睡魔に襲われそう。
なのでこの際、作品をつぶさに観察することにしました。

入り口正面ど真ん中の齋藤義孝の作品では
中央の黒い丸は、昨年起こった皆既日食をイメージしているそうです。


黒い太陽を取り巻く少数民族を拡大してみました。
 

矢島千加の描く、妖しくなまめかしい”あやつり女体”にはいつも人垣が!


浮世絵のような切れの良い線描きが特徴です。
 

村田京子の老人群像シリーズも人気があります。


的確で大胆な線描き~会員の中でもデッサン力抜群の作家です。


ソファーに腰掛けて、大作とじっくり対面する皆さん。
上手な楽しみ方を心得ているようでした。




私の作品もおかげさまで大好評で、ブルーグレーの仮想世界の前に足を止め
じっくりと見入ってくださっています。

現代遺跡の街の名は~素野(その)市平和町3丁目~としておきました。


二日目には、yuckyさん下始めヨークカルチャー日立の生徒さんが多数来場。
幸か不幸かお客さんが少ない時間帯だったので、独り占め状態でした。

下ところで画面左側に貼られたポスターにご注目!


町で見かけた民主党の選挙ポスターにヒントを得て
恐れ多くも鳩山前首相の肖像を、私のと入れ替えて
党名を「混迷党」としてパロディ化してみたものです。
 

うっとうしい日々が続いておりますが、展示会場は熱気ムンムン。
パワフルな作品たちに出合って、リフレッシュしてみませんか?!

”北茨城へ~愛に恋!”  

| 展覧会 | | comments (6) | trackback (x) |
「第5回双風展」オープン!
初日の今日は北茨城に向かう途中、スコールのような大雨に見舞われましたが
現地に到着すると曇りのち晴れの天気に回復し、一安心。

この扉が、絵画曼陀羅~異空間への入り口となります。


天候の回復と共に、お客さんが次々と入場~まずまずの出足でした。


「然々」オーナーなど友人・知人各位も早々と駆けつけて下さいましたが
十分な応対もできないほどで、大変失礼してしまいました。
 

美術館スタッフやお客さんの評判も上々で、展覧会責任者の私もほっとしました。


通常の展覧会とはまったく異なる非日常的絵画世界に迷い込んだようなお客さん!
広い会場に負けないほど気合の入った作品群に圧倒されているようでした。


そして、自宅アトリエから抜け出した作品全体を、ついに真正面から見ることが!!
この日のために2年間取り組んできたかと思うと
言葉にならないような感動がこみ上げてきました。ぐす




大勢のお客さんが作品に近づいては
不思議な仕掛けやユーモア?を発見し、盛り上がっていました。
次回、作品に秘められた謎?をご紹介しましょう。

| 展覧会 | | comments (2) | trackback (x) |
搬入完了~!
今日は「第5回双風展」の搬入のため、天心記念五浦美術館へ。
美術集団「ノン・ブラック」の選抜作家11人の油彩画、アクリル画大作約60点を
広~い展示会場に展示するのです。



天井が高いので、2階建ての作業台に乗っての高所作業。
右手にわずかに見えるのが私の作品です。


入り口正面の大パネルには、師匠・齋藤義孝の「世界少数民族図」が15点も!!


右側の部屋には、照沼恵子の「ラーマーヤナ」シリーズが
その先にはもう一人の師匠・大石展子の「不都合な真実」が続きます。


こちらが、大石展子の「不都合な真実」の3点シリーズ。
ノン・ブラックの”ノン”とは、のぶこ先生のニックネームから取ったものとか。


順路に沿って一番最後に、私の作品「現代遺跡より~集団下校」が。
全長10.4mの大作は、自分でもびっくりするほどの迫力でした!!のぉ

午前9時30分~午後4時までかかって、納得の展示会場に仕上がりました。
高所作業などの重労働で、足はガクガク、喉はカラカラ・・・・それでも心地よい疲れでした。ぽわ


満を持して準備を重ねたビエンナーレ「第5回双風展」は明日オープンです。
会期は27日(日)まで(21日(月)は休館)、午前9時30分~午後5時まで。
入場は無料!チケットを購入せずに、左手奥の展示会場までお入りください。

あいにく梅雨入りとなってしまいましたが、皆様方のお越しをお待ちしております。

| 展覧会 | | comments (4) | trackback (x) |



ランキングに参加しています。
このブログが気に入ったら
クリックして下さい。

Google
サーチする:
Amazon.co.jp のロ
ゴ



CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   06 - 2010   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS